Up

岡本安晴(訳)

信号検出理論の基礎

協同出版、2005

ISBN 978-4-319-10710-1

Wickens, 2002, “Elementary Signal Detection Theory”

説明: 無題

正誤表(pdfファイル)

拙著「計量心理学」第3章でも信号検出理論の説明を行いました。

なお、数学的な予備知識の勉強のための書籍として

岡本安晴「統計学を学ぶための数学入門[上]」2008、培風館

岡本安晴「統計学を学ぶための数学入門[下]」2009、培風館

を上梓しました。

SDT実験プログラム例おデータ分析プログラムVisualC++

を用意しました

 

本書で解説されている分析を行うためのプログラムを幾つか以下にアップロードしました。

Delphi/Borland Developer Studio 2006 の使い方>

Delphi 2005で使用するときの注意事項>

 

2.3節関係: の推定

2.4節関係: バイアスおよびの推定

3.3節関係: ガウス変換Z(p)

3.5節関係: 不等分散ガウス型モデルに対するの推定(信号検出理論用の最小2乗法による推定)

第3章 練習問題3.4用プログラム(最尤法による推定)

第4章: 検出成績の測度、および、の算出(信号検出理論用の最小2乗法による推定)

第4章: 検出成績の測度、および、の算出(最尤法)

第5章: 信号検出の評定データの分析(最尤法)

第6章2節: 2肢強制選択の弁別力

第6章3節: 2肢強制選択のパラメタ値

第6章3節: 2肢強制選択におけるバイアスの検定

第6章5節: K選択肢信号検出実験における弁別力と正反応確率

11.4節: の信頼区間の推定;式(11.9

11.4節: 帰無仮説の検定;式(11.10

11.4節: パラメタ値の差の検定;式(11.11)など

11節: モデルの適合度と比較

11節: モデルの適合度と比較(カテゴリー評定データ)

付録A.3節: ガウス分布・カイ2乗分布

 

メール: ここをクリック

 

In English


感覚の強さと弁別力についての理論を踏まえた科学的研究はFechnerに始まるといわれています。

このFechnerの考え方を現在の心理学的知見に基づいて一般化したモデルを扱った論文を用意しました。

この論文についてはここをクリックして下さい。

 


 

Delphi 2005で使用するときの注意事項

 

ソースコードを圧縮したファイル*.EXEをダウンロードして実行・解凍し、作成されたフォルダ内のプロジェクトファイル*.dprをダブルクリックによって開こうとすると、Delphi 2005がインストールされている場合はDelphi 2005が起動され、起動の途中において図1のエラーメッセージが表示されることがあります。

図1

このエラーメッセージがディスプレイの一番上に表示されない場合も、Delphi 2005に起動が途中で停止しているときは、後ろに図1のメッセージダイアログが隠れていることがありますので、ダイアログの上にあるウィンドウを退けると後ろに隠されていることがわかります。

図1のメッセージダイアログが表示されたときは、OKボタンをクリックしてDelphi 2005の起動をまず完了させます。その後、起動を完了したDelphi 2005においてメニュ「ファイル|プロジェクトを開く」を選び、目的とするプロジェクトファイル*.dprを指定して開きます。このとき、図2のダイアログボックスが表示されます。これは、本ページにアップロードされているプログラムはDelphi 6で開発されたものであるからです。「Delphi for Win32」を指定してOKボタンをクリックすると、Delphi 2005のプロジェクトにアップグレードされた状態でプロジェクトが開かれます。

図2

 

Delphi 2005で開いたときも、開いた後の操作はDelphi 6のときと同じです。メニュ「実行|実行」を選ぶ、あるいは「F9」キーを押すことでプロジェクトが実行されます。

Delphiについては、ここをクリックして表示されるページなどで説明しました。