Up

被験者パラメタの推定

<項目反応理論>

 

DelphiサンプルプログラムおよびVisual C++サンプルプログラム

プログラムで用いられているアルゴリズムの説明は「計量心理学」本文参照

 

Delphiサンプルプログラム

 

項目反応理論に基づいた被験者パラメタ(能力)の値の推定をベイズ的方法によって行うプログラムPEstAbility.exeは、ここをクリックして表示されるダイアログボックスにおいて「実行」を選ぶとダウンロードされて実行される。プログラムのダウンロード・実行の前に、項目パラメタ入力用のファイルと被験者の反応パターン入力用ファイルを用意しておく必要がある。項目パラメタ入力ファイルのサンプルDItemParams9.txt、および被験者反応パターンファイルDResPttrn000011111.txtはそれぞれの名前の箇所を右ボタン・クリックしてダウンロードすることができる。これらの入力ファイルを用いて計算すると図1のように結果が表示される。

無題

図1 結果の表示例

 

プログラムの使用法については、ここをクリックして表示されるPDFファイルに説明した。

プログラムのソースファイルは、入力データファイルなどとともに圧縮ファイルestabilityfiles.ZIPとしてまとめた。ここをクリックするとダウンロードできるので、ダウンロード後解凍するとフォルダestabilityfilesに解凍されたファイルが格納される。プログラムのプロジェクトファイルPEstAbility.bdsprojあるいはPEstAbility.dprDelphi2005から開くことができる。

 

Visual C++サンプルプログラム

 

Visual C++2008/CLR版のサンプルプログラムも用意した。圧縮ファイルとしてまとめられたプログラムのソースファイルは、ここをクリックしてダウンロードできる。ダウンロードしたファイルを解凍すると、Visual C++2008用プログラムとして開くことができる。プログラムの使用法はDelphi版とほぼ同じなので、Delphi版の使用法の解説を参照されたい。

 

 

Up