Up

2009年度Visual C++ 2005/CLRサンプル・プログラム

 

Visual C++プログラミングの解説書

岡本安晴「大学生心理学VC++プログラミング入門勁草書房

を用意した。

 

本ページは授業用のサンプルプログラムを基として作成していく。

授業は、前半はコンソール・アプリケーション

後半は、Windowsフォーム・アプリケーションを主体とする。

コンソール・アプリケーションの作成方法の説明はこのページを参照。

Windowsフォーム・アプリケーションの作成方法の説明はこのページを参照。

 

コンソール標準入出力:ここをクリックするとサンプルプログラムと簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

コンソール標準入出力と簡単な四則演算:ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

プログラムの流れの制御(if, do, while, goto):ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

プログラムの流れの制御(switch文、列挙体):ここをクリックするとサンプルプログラムのリスト(*.pdfファイル)が表示される。

continue文とbreak文:ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

配列とポインタ:ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

平均値と分散などの簡単な統計計算(標準入出力cincoutおよびConsole):ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

 

テキスト・ファイル入出力:

Windowフォーム・アプリケーションでの例として2変量統計量(共分散、相関係数)と1変量統計量(平均値、分散、標準偏差)を求めるプログラムを用意した。

ここをクリックするとサンプルプログラムの簡単な説明(*.pdfファイル)が表示される。

サンプルプログラムのファイルは、ソースコードなどをまとめた圧縮ファイルsample04FileInOut.ZIPとして用意した。ここをクリックしてダウンロード後、解凍してVisual C++2005から開くことができる。

 

 

<以下、授業の進行に合わせて追加していく>

 

 

Visual C++サンプルプログラムのある統計学入門書

Visual C++サンプルプログラムのある数学入門書

 

Up