2004後期
情報グラフィックス論U
担当 鳥海有紀

課題3

POV-Rayを使って身の回りの物を3次元で表現する

POV-Rayは3次元のモデリング、レンダリングソフト。 授業では簡単なモデリングの方法を学んでこの課題に取り組みました。
今回の授業でやったことは3次元CGのホンのさわりです。 人間の顔など表現に使う自由曲面、陰影の表現も様々です。 興味を持ったら是非応用していって欲しいと思います。

課題提出をした学生の皆さんの作品を公表の了解を得て掲示しています。 今回は各自タイトルをつけてもらいました。 おっ、なるほどと思うものや、なんで?!というもの。色々です。
タイトルの下に記載した番号または名前の部分をクリックすると原寸の画像をみることができます。
01
Milk&Doughnut&Candy
02
duck
03
手品師の秘密の部屋
midori
The future train?
04
雨びより
05
パックマン
06
ある遺跡の風景
Sherry
教会
07
汽車の置物
08
ウォーターグラス
09
Dessert Wineglass
10
手品師のカップ
yuki
未来の動く椅子
11
無題
12
神殿前
akiko
KAGAMI-MOCHI in the crystal
13
ドーナッツ
14
無題
15
空飛ぶドーナッツ
16
ガラスのグラス
 17
クレヨン
hiromi
聖杯
18
ash tray
19
海辺
tomoka
黄色のボールとメタルのボールとガラスのコップ
20
toilet
chizuru
a meal tray
21
soup cup in the forest
22
ワイングラス
23
Bear
24
ワイングラス
25
clock.ne.jp
sawako
グラスの中の宇宙
26
砂時計
27
shampoo-box
28
UFO
kuriko
ビリヤード
29
アイスをひとくち
30
電気スタンド
natumi
the chess



授業資料 情報グラフィックス論U

Copyright 2002-2004 Yuki Toriumi